トリートメントの流れ

 

 

 

 

1.カウンセリング

 

いらっしゃいませ。

まずはリビングにお迎えします。差し支えのない範囲で結構ですので、カウンセリングシートにご記入をお願いいたします。

記入していただいたシートを元に、お客様の状態やトリートメントのご希望などをお聞かせください。不安がない状態でトリートメントを受けていただきたいので、気になることなどがありましたらお気軽にご相談くださいね。

サロンで伺った情報は、一切他に漏れることはありませんのでどうぞご安心してお話ください。

 

 

 

2.精油のブレンドを決めましょう

 

心と身体の状態に合った精油をボディの場合は2〜3種類、フェイシャルの場合は1~2種類、お客様に確認していただきながら選んでいきます。うまく伝えられない時や、何も考えたくない時などはセラピストにお任せください。何パターンかご提案いたします。

 

トリートメントの流れや禁忌事項などを説明させていただいてから、リビング横のトリートメントルームにご案内いたします。

 

 

 

3.お着替え

 

セラピストは席を外しますので、ガウンにお着替えください。ガウンの中はショーツ1枚になり、他のお召し物やアクセサリーなどは全てお外しください。

フェイシャルの場合も、デコルテのトリートメントを行いますので、同様にお着替えをお願いしております。

脱がれたお召し物などは、ガウンが入っていたケースにお入れくださいね。アクセサリーはトレイをご用意しておりますのでそちらにお入れください。

 

 

 

4.フットバス

 

足元から温まりながら、どうぞご自由にリラックスしてお過ごしくださいね。その時々の雑誌などもご用意いたしております。

 

 

 

5.トリートメント

 

ご予約いただきましたメニューに入ります。

 

[ボディ]

 再びセラピストは席を外しますので、ガウンを脱いで、ベッドに上がり、うつ伏せの状態でタオルをかけてお待ちください。

髪にオイルがつかないようにタオルを頭にお掛けします。また、ショーツにもオイルがつかないようにタオルを軽く挟んで、腰部のトリートメントができるように少し下げます。お声掛けしますので生理中などでショーツを下げたくない場合はお知らせください。脚が楽なように足首の辺りにクッションをお入れしますね。

不必要な露出がないようタオルを何枚も使って行います。

 

[フェイシャル]

 ベッドに上がり、ガウンを着たまま仰向けの状態で行います。タオルで髪をおまとめします。脚が楽なように膝の下にクッションを入れますね。

 

 

 

 

6.お疲れさまでした

 

トリートメント後は、なかなかすぐには起きられないものです。5分間ほど、ベッドの上でゆっくりとお過ごしいただいております。短い時間ですが、とても気持ちの良い時間です。

※施術時間には含まれません。

 

柔らかいミストを全身にふりかけ、覚醒を促します。

ボディのメニューでは、ホットタオルで足元をお拭きします。フェイシャルのメニューでは、ローションとクリームでお肌を整えて終了となります。

お着替えの際にホットタオルをご用意します。皮膚に残ったオイルは、精油と共に自然に吸収されていきますが、ベタつきなどが気になるようでしたらお使いくださいね。

 

トリートメント中に気付いたことをお伝えして、アドバイスもいたします。ハーブティーやコーディアルなどのお飲み物をご用意しますので、お着替えやメイク直しなどをしながらゆっくりとお召し上がりください。

 

 

 

7.お帰り

 

お支払いは現金でお願いしております。お帰りまでに次回のご予約をしていただきますと、次回10%OFFとさせていただいております。